日本人の投資家が最初にFX取り引きを始める際には、米ドルと日本円の通貨ペアを選択することが非常に多くなっています。

実はそれは大変理に適っていることなのです。
普通の人は皆、見知らぬ他人と手を組んで仕事をするより旧知の友人と仕事をするほうが上手くゆく確率が高くなるものです。

FXもそれと似たようなもので、知らない通貨より知っている通貨を用いて取り引きするほうが不思議と勝率が上がるものなのです。

しかもドル円の通貨ペアは、日本人だけではなくて世界的にも非常に取り引き量の多い組み合わせなのです。

それゆえに値動きに安定感があり、特定の誰かの思惑によって急激に値が動くようなことは少ないのです。

いわゆる、ストップ狩りと呼ばれるようなものに狙われる危険が少ないのです。

教えて!gooの情報はこちらのサイトです。

また、FXの最大の魅力はレバレッジを利かせた取り引きが出来るという点にありますが、そのレバレッジにおいても、ドル円は適した通貨ペアなのです。



特に初心者が実践を通してレバレッジを体得してゆくにおいては、ドル円こそは最高の教材になるのです。

トルコリラ情報はこちらに集まります。

なぜなら他の通過ペアと比較してドル円は安定感が抜群に高いので、強制ロスカットなどに引っかかる危険が小さいからです。以上の特徴を総合的に考えると、日本人投資家には米ドルと日本円の通貨ペアこそは最適と言えます。


特に初心者には入門編の腕試しにも最適であり、また、外国の投資家の人たちにも適していると言えます。
実際、ドル円は何と世界中の通貨ペアの中では取り引き量が世界第2位のペアなのです。